そらまめの観察日記

ポケモンのこと書きたい

【S12使用構築】テラゲコナットドラン【最高2009】

S12おつかれさまでした!S8ぶりにレート2000を達成できたので記事を書くことにしました。(前期のは忘れてください)

f:id:mamesora00:20181106182406p:image

【構築経緯】

ボックスにいたヘドウェf:id:mamesora00:20181106182708p:imageを使いたいと思ったのが起点。アタッカーのf:id:mamesora00:20181106182628p:imageを使う上でステルスロックは必須だと思っていた。

メガゲンガーが苦手なじめんタイプ、バシャーモに投げられて、かげふみと相性のいいとんぼも使えるf:id:mamesora00:20181106183116p:imageをまず採用。複数回サイクルをするためにピンチベリーを持たせた。同じくゲンガーの苦手なテテフ、ギルガルドに投げられるf:id:mamesora00:20181106183132p:imageを採用。持ち物はピンチベリーを持たせたかったが、最終的に構築全体でZ枠がいなくなったためオニゴーリの対策にもなるホノオZを持たせて攻撃的な型にした。

次にカバマンダに強く、広い活躍が期待できるタスキf:id:mamesora00:20181106183145p:imageを組み込み、ここまでで不安があるミミッキュギャラドスに強くてステロを撒けるf:id:mamesora00:20181106183158p:imageを採用。(初めはランドロスをステロ要員にするはずだったが、ナットレイの方が余裕があると思いステロはこちらに任せた)

最後のひと枠は崩し性能が高いジャラランガかエースになりえるテテフで迷ったが、ジャララの選出率が低いことと早い格闘が重たいという理由でスカーフf:id:mamesora00:20181106183212p:imageを採用した。自然とテラゲ(テテフランドゲンガー)の並びができた。

 

テラゲは耐久のあるゲンガーなどで試合をコントロールするのが一般的だが、フルアタのゲンガーとスカーフテテフを組み合わせることで少し攻撃的なテラゲにした。

「テラゲコナットドラン」の語呂がとてもよい

 

【個体解説】

ゲンガー@メガストーン

f:id:mamesora00:20181106183358g:image

臆病

実数値メガ:135-×-101(4)-222(252)-115-200(252)

シャドボ/ヘドウェ/きあいだま/こご風

 

構築の起点である臆病のヘドウェゲンガー。メガメタグロスを耐久無振りなら一撃で、少し耐久を振っていてもステロや鉄のトゲなどでダメージを与えればシャドボで縛れるのが強かった。耐久と「まもる」がないので有利対面を作ってワンパンするか相手が引くタイミングでメガシンカをできるように意識した。命中不安をなるべく採用したくないので「きあいだま」と「道連れ」で迷ったが、エースのメガ枠を使って1:1取るのももったいないと感じたため、ルカリオバンギラスに勝てる可能性が上がるきあいだまを採用した。

使っていて気がついたのが、ミミッキュと対面した時に100%剣舞をされるので、すぐに引かずに殴ってから影うちに合わせて交代した方がメガシンカができてお得だと感じた。

 

 

ランドロス@フィラのみ

f:id:mamesora00:20181106183408g:image

わんぱく

実数値:196(252)-165-156(252)-×-101(4)-111

地震/岩封/とんぼ/ビルド

 

バシャーモボーマンダを何とかするために物理防御に特化し、ビルドアップと相性の良いピンチベリーを持たせた。ゲッコウガやレヒレのせいで選出率はひかえめだったがバシャーモ入りにはほとんど選出した。

マンダに受け出しで勝つためにビルドを採用。上手くいけば裏のギルガルドもそのまま倒せるがよかった。バシャーモはこのポケモンで受けるしかないのでめざ氷バシャ入りには勝てなかった。

 

 

カプ・テテフ@スカーフ

f:id:mamesora00:20181106183422g:image

ひかえめ

実数値:145-×-96(4)-200(252)-135-147(252)

サイキネ/ムンフォ/ショック/シャドボ

 

2匹目のエース。選出した時は技の一貫を作ってスイープすることを意識した。以前まではスカーフテテフは臆病にしていたが、1↑100族を抜いて勝つ時よりも火力が少し足りずに負けることの方が多く感じたのでひかえめにした。PFを貼ることでゲンガーで上から縛る動きがしやすくなったのがよかった。技範囲が広くて受けづらいゲッコウガ、ガルーラなどのポケモンを少し削れば強引に突破できるので困ったら出していた。

 

 

ゲッコウガ@タスキ

f:id:mamesora00:20181106183425g:image

せっかち

実数値:147-116(4)-78-155(252)-91-191(252)

熱湯 /冷ビ/ とんぼ/ 手裏剣

 

タスキ激流ゲッコウガ。対面性能がとても高いので初手で出すことが多かった。技構成は熱湯冷ビ手裏剣までは確定として@1を考えたところ、対面操作ができるのが強そうだと思ってとんぼがえりを採用した。

激流とんぼは珍しいと思うがゲコゲコ対面で先手でも後手でも有利な状況を作りやすかったり、ミミッキュの皮を剥ぎながら交代できたりするなどダメージは少なくとも多くの利点があった。

タスキを盾にストッパーにもなれるので本当にいいポケモンだった。

 

 

ナットレイ@たべのこし

f:id:mamesora00:20181106183435g:image

のんき

実数値:181(252)-114-201(252)-×-137(4)-22

ジャイロ/やどりぎ/まもる/ステロ

 

全般的な物理ポケモンに信用して投げられるようにHB特化にしたナットレイ。隙を見てステロを撒いてエースの圏内まで削ることを意識した。やどまもが単純に強くラス1のこのポケモンから物理ポケモンを詰めて勝つこともあった。特防も普通に高いのでゲッコウガやレヒレ、コケコにも投げられてとても使いやすかった。

 

 

ヒードラン@ホノオZ

f:id:mamesora00:20181106183439g:image

ひかえめ

実数値:191(196)-×-127(4)-189(172)-139(172)-102(36)

調整意図

H…16n-1

C…余り

HD…PF下眼鏡テテフのサイキネを高確率で2発耐え

S…4振り80族抜き

オバヒ/ラスカ/大地/どくどく

 

本構築のMVP。ギルガルド、カグヤ、テテフに複数回受け出すことができる。ホノオZは火力、奇襲性能共に高く、刺さることが多かった。また対オニゴーリはムラっけ次第ではあるが、ある程度HPを削ればZでまもるを貫通して倒せるのでそれを対策とした。どくどくはマンダ、ギャラへの交代読みやポリ2、ブラッキーに刺さった。やはりナットレイとの相性補完がとても良いのでゲコorテテフ+ナットドランという選出が多かった。唯一のZ枠であるこのポケモンの選出率が高かったのはよかった点だと言える。

 

【反省】

反省としては命中不安技の採用が多かったこと(95技含め6つもある)。身代わり持ちの水タイプ(スイクンメガラグラージ)に簡単に負けることなど。また、不意の4倍技や格闘Zでナットドランが崩されることが多かった。ほのパン持ちのカビゴン地震持ちのカグヤなどが挙げられる。格闘Zのダンスを見る度にうんざりしてた。

 

【総括】

この構築は立ち回りしだいでどの構築にも柔軟に戦えるので使っていてとても楽しかったです。だからこそ結果を出せたのがとても嬉しいです。最終日の23時の時点で1774しかなかったのですが、気合でオールして7時くらいに何とか2000に到達することができました。S8の意味不明な構築で乗って以降、真面目にやってるのに結果を出せなくて悔しかったので久しぶりに2000に乗れて本当によかったです。

この構築で3つの対戦オフにも参加させて頂き、第1回Hazeでは3位という優秀な成績も残せたのでとても思い入れのある構築になりました。最高レート更新をしたかったですが、2000に行けたのが滑り込みだったためできませんでした。もう少し早めに2000に乗せられるように頑張りたいと思います。

f:id:mamesora00:20181106183858j:image

最高:2009

最終:1996

TN:Starry Wish

 

来期のことは何も考えていないのでしばらくしてからまた始めていこうと思います。

拙い文章でしたが読んで頂きありがとうございました。拡散してくださるととても嬉しいです!質問などあれば@mamesora00 にお願いします。