Future Seeker

ポケモンのこと書きたい

【S19シングル】幸福ハピナマコ【最終44位】

こんにちは!そらまめといいます。S19おつかれさまでした!

f:id:mamesora00:20210629100811j:image

 

今期も最終2桁を達成することができたので構築記事を書きたいと思います。

 

使っていた構築は以下の通りです。

f:id:mamesora00:20210701033334j:image

 

 

【構築経緯】

ハピナスナマコブシ」の並びを使ってみたかったのでこの2体から組み始めた。この2体が不利を取るゴリランダーやカプ・レヒレに強くサイクル性能がある「サンダー」を入れてこの3体を基本選出とした。

ナマコブシが身代わりに不利なことと、ウオノラゴンが受からないことからすり抜け「ドラパルト」を採用。あとの2体は補完として、電気の一貫を切れて相手のジバコイルに強い「霊獣ランドロス」と、鋼枠として「ジバコイル」を採用して構築の完成とした。

 

 

【個体解説】

ドラパルト@命の珠

f:id:mamesora00:20210629014630j:image

陽気/すりぬけ

163-172(252)-95-108-96(4)-213(252)

ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/火炎放射/身代わり

 

身代わりに弱いナマコブシの欠点を補える特性をもち、構築で重いウオノラゴンに強いポケモンとして採用。身代わりを覚えさせることでステロ展開にも少し有利に立ち回れた。

初めは竜舞で使っていたが、構築でナットレイが重すぎたのでそれに対する打点として火炎放射を採用した。

久しぶりにドラパルトを使ったが、速くて火力のあるポケモンが強いことを改めて実感することができた。

 

 

サンダー@オボンのみ

f:id:mamesora00:20210629014641j:image

臆病/静電気

196(244)-×-130(196)-146(4)-111(4)-140(60)

HB-オボンのみ込みで意地ウーラオスの暗黒強打を高確率で2耐え

S-最速75族抜き

ボルトチェンジ/暴風/怪電波/羽休め

 

前期(S18)の調整が使いやすかったのでそのまま採用。オボンのおかげでウーラオスに対して様子見で1度投げることができる。

準速以下のゴリランダーの上から動けることで有利に立ち回れることが多かった。ダイマックスをしても強いので柔軟に立ち回ることができた。

良い結果を残せた時にいつも構築にいるレギュラーポケモン

 

 

霊獣ランドロス@フィラのみ
f:id:mamesora00:20210629014644j:image

慎重/威嚇

196(252)-165-111(4)-×-145(252)-111

地震/岩石封じ/蜻蛉返り/ステルスロック 

 

ヒードランジバコイルに強く出るためにHDに振ったクッションランドロス。初めはチョッキで使っていたが火力よりもステロがほしい場面が多かったのでこのような型になった。

選出機会は多くはなかったが構築の電気の一貫を切れて、流行っていたジバコイルに安定して投げられた点は良かった。

 

 

ジバコイル@弱点保険
f:id:mamesora00:20210629014638j:image

図太い/アナライズ

175(236)-×-177(204)-158(60)-111(4)-81(4)

H-16n−1

C-アナライズダイサンダーでエースバーン確定1発

10万ボルト/ラスターカノン/ボディプレス/鉄壁

 

有名な調整の鉄壁ボディプレジバコイル。相手の物理ドラパルトやレヒレに強い鋼枠として採用。

鉄壁を積んでダイマックスをきれば相性をひっくり返すパワーがあり、そのまま勝てるという試合も多かった。毒の一貫を切れて受け構築に強い点も良かった。

 

 

ナマコブシ@食べ残し
f:id:mamesora00:20210629014633j:image

図太い/天然

162(252)-×-200(252)-×-151(4)-25

水浸し/毒々/守る/自己再生

 

構築の軸。特性が優秀であらゆる物理ポケモンを詰ませられることを評価して採用。珠持ちのポケモンは受かるか怪しいが、耐久に振った積み技前提のポケモンには無類の強さがあった。

守ると合わせて2度回復出来れば受けられる範囲が多少変わるので持ち物は食べ残しとした。

攻撃技がないので挑発や身代わりに何もできなかったりと扱いが難しいと感じることも多かったが、その分詰ませる性能は高く物理受けとして活躍してくれた。

 

 

ハピナス@ヨプのみ
f:id:mamesora00:20210629014636j:image

図太い/天の恵み

331(4)-×-68(252)-120(196)-156(4)-82(52)

B-特化

S-麻痺した最速ウーラオス抜き

余りC

トライアタック/タマゴうみ/身代わり/瞑想

 

軸その2。特防方面に振らなくてもHDポリゴン2より硬く、環境に多いサンダーやポリゴン2に強いので選出しやすかった。

トライアタックは有利対面での安定行動になりつつ、受け出しにきた物理ポケモンへ4割のリスクを付けられるのが相変わらず強力だった。

ゴーストタイプに何もできないことを嫌って冷凍ビームを採用していたが、身代わりにすることで状態異常や追加効果をケアできたりバインドから逃げられたりと立ち回りに余裕ができるようになった。

ヨプのみはダイマックスと合わせるとだいたいの攻撃を耐えられるようになり、サイクルの中で相手に想定外のダメージを与えることができた。

 

 

【成績】

TN: Kaleidoscope    最終44位(2025)

f:id:mamesora00:20210701120753j:image

 

 

【最後に】

ここまで読んでいただきありがとうございました!4期連続で最終2桁以上を達成できてとても嬉しいです!最近はツイキャスでランクマッチの配信もしているので来ていただけたら嬉しいです😊

 

構築名はハピナスの中国名の「幸福蛋」から取りました。ハピナスは1番好きなポケモンなので再び結果を残せて嬉しいです。

質問などがあればTwitterまでお願いします。

 

Twitter:@mamesora00

【S18シングル】水彩ポリレヒレ【最終43位】

こんにちは!そらまめといいます。シーズン18おつかれさまでした!

f:id:mamesora00:20210601063820j:image

 

今期も最終2桁を達成することができたので構築記事を書きたいと思います。

使っていた構築は以下の通りです。

f:id:mamesora00:20210601064306j:image

 

 

【構築経緯】

現環境で最もメジャーな並びであるサンダー+ウーラオスに対してサイクルができる「カプ・レヒレ」「ポリゴン2」の2体から組み始めた。この2体にある電気の一貫を切ることができて、カプ・コケコや霊獣ボルトロスへの受け出しが安定している「霊獣ランドロス」を採用。

ここまでで突破が難しいナットレイポリゴン2に強くダイマックスの適性がある「エースバーン」、カプ・レヒレ等の高耐久水タイプに強い「サンダー」、崩し枠として「悪ウーラオス」を採用して構築の完成とした。

f:id:mamesora00:20210601155320j:imagef:id:mamesora00:20210601155322j:imagef:id:mamesora00:20210601155316j:imagef:id:mamesora00:20210601155314j:imagef:id:mamesora00:20210601155311j:imagef:id:mamesora00:20210601155325j:image

 

【コンセプト】

・環境にいるポケモン、並びに幅広く対応する。

・数的不利を取らない立ち回りを意識してサンダー、ポリゴン2TODをすることを勝ち筋とする。

 

【個体解説】

エースバーン@命の珠

f:id:mamesora00:20210601010859j:image

陽気/リベロ

155-168(252)-95-×-96(4)-188(252)

火炎ボール/ギガインパクト/飛び膝蹴り/飛び跳ねる

 

ダイマックス時のパワーが高くナットレイポリゴン2に強いポケモンとして採用。

受けループには選出しないため思念の頭突きの採用を見送り、ダイマックス時のパワーがより高くなるようにギガインパクトと飛び跳ねるを両方採用した。

リベロという特性は守りにも使えるのが強い。

 

サンダー@オボンのみ
f:id:mamesora00:20210601010910j:image

臆病/静電気

196(244)-×-130(196)-146(4)-111(4)-140(60)

HB-オボンのみ込みで意地ウーラオスの暗黒強打を高確率で2耐え

S-最速75族抜き

ボルトチェンジ/暴風/怪電波/羽休め

 

あらゆる構築に出せる怪電波持ちのHBベースサンダー。素早さを少し伸ばすことで、ジェット後にスカーフウオノラゴンを抜けたり、実数値128ラインの調整を余裕を持って抜けるようになった。怪電波+羽休めでTODに持ち込むことも多かった。

 

悪ウーラオス@こだわり鉢巻
f:id:mamesora00:20210601010907j:image

陽気/不可視の拳

175-182(252)-120-×-81(4)-163(252)

暗黒強打/インファイト/不意打ち/毒づき

 

いつも構築にいる崩し枠。ナットレイポリゴン2にも強いためスタンパにも選出することが多かった。カプ・レヒレを意識して毒づきを採用。

自分で受け構築を組もうとするとどうしてもこのポケモンに悩まされてしまうため、そういった意味でも崩し枠として1番信用しているポケモン

 

霊獣ランドロス@突撃チョッキ
f:id:mamesora00:20210601010912j:image

意地っ張り/威嚇

191(212)-201(140)-111(4)-×-101(4)-130(148)

H-16n−1

A-ダイアース・ジェットで無振りエースバーン確定1発

S-準速75族+3

地震/空を飛ぶ/馬鹿力/岩石封じ

 

電気無効枠。最初はHBで採用していたが、環境に増えていた霊獣ボルトロスやカプ・コケコなどに受け出すことが多かったためチョッキを持たせた。

この環境ではポリゴン2の突破手段を少しでも多く用意しておきたかったため馬鹿力を採用した。

 

カプ・レヒレ@こだわりスカーフ
f:id:mamesora00:20210601010904j:image

臆病/ミストメイカ

145-×-135-147(252)-151(4)-150(252)

波乗り/ムーンフォース/冷凍ビーム/トリック

 

両ウーラオスに強く、どの構築にも選出しやすいポケモンとして採用。ミストフィールドを貼ることでサイクルに余裕ができるのが強かった。

回復技持ちのポケモンにトリックでスカーフを渡すことで同じようなサイクル構築に対して立ち回りやすくなった。

環境のメジャーなポケモンに強く出られるので初手での選出率が高く、選出すれば何かしら活躍してくれるポケモンだった。

 

ポリゴン2@進化の輝石
f:id:mamesora00:20210601010902j:image

生意気/ダウンロード

191(244)-101(4)-111(4)-126(4)-161(252)-72

トライアタック/冷凍ビーム/アイアンテール/自己再生

 

メジャーなHDポリゴン2

HBサンダーに出した時に恩恵を受けられるように特性はダウンロードにして、裏への負荷を考えて空元気ではなくトライアタックを採用した。アイアンテールは構築に鋼枠がいないためウツロイドを意識して採用。

BDの両方が高いため抽象的に色々なポケモンを受けることができた。カプ・レヒレと合わせてドラパルトにも安定して勝つことができた。

 

 

【選出】

ヒレサンダーポリ2と出すことが多かったです。

ナットレイポリゴン2入りにはエースバーンかウーラオスのどちらかをなるべく選出していました。霊獣ボルトロスなどの電気の特殊アタッカー(サンダーは除く)がいる相手には必ずランドロスを選出しました。

vs受けループはミストフィールドの上でウーラオスを動かすことを意識して立ち回りました。

 

【成績】

TN:ノーポイッ! 最終43位(2055)

f:id:mamesora00:20210601134041j:image

 

 

 

【最後に】

ここまで読んでいただきありがとうございました!初めて竜王戦以外のルールで最終2桁を達成できたのでとても嬉しいです。来期以降も頑張りたいと思います。質問などがあればTwitterにお願いします。

 

Twitter:@mamesora00

【S17シングル】蒼響ハピヌオー【最終5位】

こんにちは!そらまめといいます。シーズン17おつかれさまでした!

f:id:mamesora00:20210501145128j:image

 

 

今期は前期(S16)の構築に少し調整を加えて潜っていました。ラッキーがハピナスになっています。

使っていた構築は以下の通りです。

f:id:mamesora00:20210501050514j:image

 

 

前期の構築はこちら→【S16シングル】蒼響ラキヌオー【最終33位】 - Future Seeker

 

【コンセプト】

・前期不利だった構築(黒バドレックス、ネクロズマ、ホウオウ)に勝てるようにする。

・攻めポケモンと受けポケモンを相手によって使い分ける。

(構築経緯は前期とほとんど同じです!)

f:id:mamesora00:20210501133728j:imagef:id:mamesora00:20210501133829j:imagef:id:mamesora00:20210501133831j:imagef:id:mamesora00:20210501133720j:imagef:id:mamesora00:20210501133717j:imagef:id:mamesora00:20210501133810j:image

 

 

【個体解説】

ザシアン@朽ちた剣

f:id:mamesora00:20210430093004j:image

意地っ張り/ふとうの剣

199(252)-221(84)-136(4)-×-136(4)-189(164)

H-特化

S-最速エースバーン抜き

A-余り

巨獣斬/じゃれつく/ワイルドボルト/剣の舞

 

禁止伝説の中で1番強いと思い今期も採用。

前期は準速ザシアンと最速ムゲンダイナを意識した素早さ(203)だったが、両者とも環境に少ないので素早さを落として耐久と火力を伸ばした。

前期はホウオウ入りに苦戦していたため、少しでも勝率を上げるためにワイルドボルトを採用。電光石火がなくて不便に感じたこともあったが、それ以上にホウオウやドヒドイデに打点を持てたおかげで勝てる試合が多かった。

 

ラプラス@光の粘土

f:id:mamesora00:20210430094851j:image

控えめ/貯水

221(124)-×-115(116)-150(252)-116(4)-82(12)

B-B<Dの範囲でできるだけ高く

C-特化

S-60族+2

H-余り

泡沫のアリア/フリーズドライ/かみなり/みがわり

 

前期と同じ型で採用。主にカバルドンラグラージ展開に選出した。今期はカバルドンの前でみがわりをした後ダイマックスしないでアリアを撃った。

特性のおかげで流行っていたウオノラゴンに強く出られることも偉かった。

壁下で技範囲が広いザシアンがとにかく強く、ザシアンの対策が甘い構築には有利に戦えた。

 

サンダー@命の珠

f:id:mamesora00:20210430104846j:image

臆病/プレッシャー

165-×-106(4)-177(252)-110-167(252)

ボルトチェンジ/暴風/熱風/羽休め

 

前期と同じ最速珠サンダー。ダイマックスをするのももちろん強いが、ボルトチェンジと羽休めのサイクル性能が高く状況次第で柔軟に立ち回ることができた。

相手視点で型を誤認してもらいダイマックスを通しやすくする狙いで特性をプレッシャーにした。特性のおかげで通しやすくなった実感はあまりないがナットレイに熱風が通ったことがあったり、特性発動順でスカーフを判別したりすることができた。

 

悪ウーラオス@こだわり鉢巻

f:id:mamesora00:20210430170400j:image

陽気/不可視の拳

175-182(252)-120-×-81(4)-163(252)

暗黒強打/インファイト/不意打ち/燕返し

 

受けループ突破要因。受けループの伝説枠にホウオウが採用されることが多かったことや、ダイマックス砲を覚えたムゲンダイナが多かったため前期ほどの通りやすさはなかったように感じた。

それでもパワーの高さと一貫のとりやすいタイプが強力で様々な場面で活躍してくれた。

 

ハピナス@万能傘

f:id:mamesora00:20210430171738j:image

図太い/天のめぐみ

331(4)-×-68(252)-105(76)-177(172)-76(4)

B-特化

C-ダイホロウで無振り黒バドレックス確定1発

D-余り

トライアタック/シャドーボール/タマゴうみ/瞑想

 

唯一前期と変更したポケモン。ラッキーと違って黒バドレックスに強い点や、ダイマックスができる点を評価して採用。

持ち物はラッキーの役割であったカイオーガを受けるために万能傘にした。万能傘はカイオーガにだけでなく流行りのカゴのみロトムに強くなったり、雨下の鉢巻水流連打を耐えて勝てた試合があったりと思わぬ所でも活躍した。

ラッキーよりも耐久は少し劣るがサンダーの珠ダイジェットを余裕で2発耐える程度の耐久を持っており、前期ほとんど勝てなかった黒バドレックス入りとの試合を拾えるようになったのは変更してよかったと感じた。

トライアタックが最強でした。

 

ヌオー@たべのこし

f:id:mamesora00:20210501044141j:image

腕白/天然

202(252)-105-150(252)-×-86(4)-55

地震/毒々/蓄える/自己再生

 

ザシアンを安定して受けられる物理受け。

前期は守るを採用していたが、ほとんど勝てなかったネクロズマ軸に勝てるように蓄えるを採用した。フォトンゲイザー持ちには勝てないが、アシパには蓄える3回とダイアースでの特防上昇で戦うことができた。

初手ダイマックスで数的有利を取ってから蓄えるヌオーで詰ませるムーブが非常に強力だった。

 

 

【成績】

TN:そらまめ 最終5位(2092)

f:id:mamesora00:20210501131548j:image

TN:Violet 最終87位(2014)

f:id:mamesora00:20210501131559j:image

 

 

 

【最後に】

今期は最終1桁を目標に取り組み、最終日を高い順位から始めることができました。最終日の深夜に瞬間1桁にいけたことも初めてで嬉しかったですが、運が良かったということもあり目標の最終1桁を達成することができました。

最終日に1桁から潜るのは緊張しましたがとても楽しかったです。今回以上の結果を残せるように今後も頑張りたいと思います!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

竜王戦ルール楽しかったです!

 

Twitter:@mamesora00

【S16シングル】蒼響ラキヌオー【最終33位】

f:id:mamesora00:20210401125136j:image

こんにちは!そらまめといいます。

シーズン16おつかれさまでした。

自身初めてシングルで最終2桁順位を達成することができました。

使っていた構築は以下の通りです。

f:id:mamesora00:20210401064813j:image

 

 

 

 

【構築経緯】

伝説のポケモンの中で「ザシアン」が1番使いやすそうで強いと思ったので相性がよいとされる「ラプラス」と組み合わせた。壁下で剣舞を使って抜いていくことをコンセプトとした時に相手のメタモンが気になるので「ヌオー」を採用し、この3体を固定して構築を考えた。

次に、ラプラスが初手に呼ぶウーラオスやゴリランダー等に強く、試合を決める力のある珠「サンダー」と、ヌオー入りの受けサイクルを突破するための鉢巻「悪ウーラオス」を採用。

最後に、ここまでで相手のサンダー、カイオーガがきついため特殊耐久の高い「ラッキー」を採用して構築の完成とした。

ラッキーを採用することでヌオーと合わせて受け回して勝つプランを取ることも可能になった。

f:id:mamesora00:20210227093606j:imagef:id:mamesora00:20210227094040j:imagef:id:mamesora00:20210227094043j:imagef:id:mamesora00:20210227093816j:imagef:id:mamesora00:20210227094123j:imagef:id:mamesora00:20210227094109j:image

 

 

 

【個体解説】

ザシアン@朽ちた剣

f:id:mamesora00:20210227094810j:image

陽気/ふとうの剣

195(220)-209(148)-136(4)-×-136(4)-203(132)

HD-黒バドレックスの珠ダイホロウ最高乱数切り耐え

S-最速130族+3、準速黒バドレックス抜き

A-余り

巨獣斬/じゃれつく/電光石火/剣の舞

 

禁伝枠。巨獣斬という技が命中安定で相手のダイマックスでの切り返しを許しにくい点が非常に優秀だと感じてザシアンを採用。剣舞を積めると特に巨獣斬の強みを活かすことができるので有利対面を作れば試合を決められるという場面が多かった。

前期は最速ASで使用していたが、耐久に振ることで居座れる対面が増えることを知り、耐えたいラインまでHPを伸ばした。耐久に厚めにすることで壁下で複数回積んで強引に突破していくことができた。

素早さは振り切らずに準速ザシアンを抜ける程度にしていたが、スカーフ黒バドレックスの流行に伴い少しだけ素早さを伸ばした。最速ではないため壁を貼れていない時はザシアンミラーは不利であるが、ヌオーが構築にいるので基本はそちらに一任していた。

 

 

 

 

ラプラス@光の粘土

f:id:mamesora00:20210227094828j:image

控えめ/貯水

221(124)-×-115(116)-150(252)-116(4)-82(12)

B-B<Dの範囲でできるだけ高く

C-特化

S-60族+2

H-余り

泡沫のアリア/フリーズドライ/かみなり/みがわり

 

ザシアンを強く使うためのダイマックス兼壁貼り要因。ザシアンが不利をとるヌオーに打点があるという点でも相性が良い。

技構成はダイマックス時に広く範囲を取るための3ウェポンと、前期に苦戦したカバルドン展開に強く出るためにみがわりを採用した。初手カバルドン対面では、みがわり→ストリーム→センリツと動くことでアドバンテージを取ることができた。

ラプザシアンのラプラスは一撃技をもった崩し枠として採用されることが多かったが、純正ラプザシアンも強いと思いこの型で採用した。

 

 

 

 

サンダー@命の珠

f:id:mamesora00:20210227094906j:image

臆病/静電気

165-×-106(4)-177(252)-110-167(252)

ボルトチェンジ/暴風/熱風/羽休め

 

ラプラスに並ぶダイマックス枠。構築経緯で述べたようにラプラスが呼ぶゴリランダー、ウーラオス等に強いため初手に合わせることができれば試合を有利に進められると考えて採用。

ボルトチェンジは受け出しに来るバンギラス、ラッキー等に撃つことでこちらのザシアン、ウーラオスがマウントを取れるので有利対面からの展開をより有利にすることができた。

また、初手ダイマックス+受け2体(ラキヌオー)という選出も相変わらず強く、禁伝を選出できない時のサブプランとしても確立することができた。

 

 

悪ウーラオス@こだわり鉢巻

f:id:mamesora00:20210227094922j:image

陽気/不可視の拳

175-182(252)-120-×-81(4)-163(252)

暗黒強打/インファイト/不意打ち/燕返し

 

ザシアンで崩せないヌオー入りサイクルを崩せるポケモンとして採用。物理ポケモンに草技を仕込むことも考えたが警戒されて択になってしまうと安定感に欠けるのでシンプルにパワーが高い鉢巻ウーラオスに決めた。

前期は毒づきを採用していたがジェットを撃てると汎用性が高まることを知って燕返しを採用。ムゲンダイナ入り受けループにもジェットを絡めることでムゲンダイナを突破することができるので楽に勝てるようになった。

襷を持っていないため行動保証はないが数値が高いので受け構築以外にも選出しやすく使い勝手がよかった。黒バドや日食ネクロズマはこのポケモンで頑張っていた。

 

ラッキー@進化の輝石

f:id:mamesora00:20210227094938j:image

図太い/自然回復

325-×-62(252)-×-149(188)-79(68)

S-麻痺した最速90族抜き

地球投げ/たまごうみ/電磁波/ステルスロック

 

ラプザシアンは相手のサンダーがきついため体力管理ができて無理なく受けられるラッキーを採用。スカーフカイオーガを安定して受けられる程度の耐久があるので禁伝環境でも十分活躍してくれた。

電磁波で相手の足を止めたり、ステルスロックをまいたりしてこちらのアタッカーの通りをよくできることが「受け攻め」の切り替え感があって楽しかった。

 

 

 

ヌオー@たべのこし

f:id:mamesora00:20210227094950j:image

腕白/天然

202(252)-105-150(252)-×-86(4)-55

地震/毒々/守る/自己再生

 

天然の物理受け。このポケモンのおかげでメタモン入りにも強気にザシアンを選出することができた。

前期は熱湯を採用していたが、無振りの黒バドレックスやゼルネアスのみがわりを壊すことができる地震を採用。不意にその対面ができてしまってみがわりを残されて突破されるということを防いだ。

耐久は低いが守るがあるので最低でもダイマックスを枯らすことができ、裏からの切り返しに貢献してくれた。

 

【選出】

基本選出

ラプラスorサンダー、ザシアンウーラオス

 

vsカバザシアン

ラプラスザシアン@1

 

vs黒バドレックス軸

ラプラスザシアンウーラオス

(怪電波サンダーから来た時にセンリツを撃って即ザシアンに引き剣舞することが多かった)

 

vsカイオーガ

サンダーラッキー、ザシアンorヌオー

 

vsムゲンダイナ入り受けループ

ザシアンサンダーウーラオス

(暗黒強打をムゲンダイナに受けだされた時に、ナックル→ジェット→イチゲキと撃つとムゲンダイナを崩すことができる)

 

 

ラッキーとヌオーは役割対象がいたらピンでだしたり、受け回せそうだったら一緒に出したりしていた。

 

【有利構築】

カイオーガ軸、カバザシアン、ムゲンダイナ入り受けループ

 

【不利構築】

黒バドレックス軸、日食ネクロズマ軸、両刀バシャーモ入り構築など

 

 

【成績】

TN: BLUE COMPASS 最終2073   33位

f:id:mamesora00:20210401123657j:image

 

 

【最後に】

これまで ほぼ毎期最終日まで潜っていましたが良い結果が出せずに悔しく思っていたので今期は満足できる結果を残せて嬉しいです!!次からはレート2100を目標に頑張りたいと思います。

 

TNは水瀬いのりさんの楽曲です。

ラッキーとヌオーがとてもかわいかったです。

 

 

Twitter:@mamesora00

 

 

 

 

 

【S12シングル】カバラキブルンゲル【最高2056】

S12おつかれさまでした!TNそらまめ、Alomomolaで潜ってました。

f:id:mamesora00:20201201120359j:image


【構築経緯】

カバルドン+ラッキーが高い数値で広く対応できると思い組み始めました。アタッカー枠としてダイジェットが撃てて崩し性能もある霊獣ボルトロスを入れて残りのポケモンカバラキで対応できない範囲を補えるポケモンを採用しました。

 


【個体解説】

 


霊獣ボルトロス@命の珠

 

f:id:mamesora00:20201201115122g:image

 

陽気/蓄電


155(4)-167(252)-90-148-100-168(252)


ワイルドボルト/空を飛ぶ/馬鹿力/草結び


電気と地面の一貫を切れる優秀なタイプとダイジェットエースになれる点を評価して採用。化身ボルトロスが物理型で流行ったことから霊獣でもいけるのではないかと思い物理ベースで育成した。よく受け出しされるラッキーやバンギラスに強いので受け構築を崩す役割も担っていた。火力も珠を持たせることでくちばし化身ボルトロスよりも少し高いくらいはあるので特に不足を感じることはなかった。


テッカグヤ@食べ残し

 

f:id:mamesora00:20201201115201g:image

 

呑気/ビーストブースト


193(164)-122(4)-170(252)-128(4)-132(84)-72


H-16n+1で最大

B-特化

余りD


ベビーボンバー/火炎放射/やどりぎの種/守る


ランドロス、ゴリランダー、カミツルギの受け先として採用。構築で唯一の炎技持ちなのでナットレイがいる構築にはなるべく出すようにしていた。構築に食べ残しを持たせたいポケモンが多かったが、やどりぎ守ると組み合わせるのが1番効率よく使えると思いこのポケモンに持たせた。


カバルドン@アッキのみ

 

f:id:mamesora00:20201201115351j:image

腕白/砂起こし


215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67


地震/ヘビボン/あくび/なまける


思念の有無を気にせずにエースバーンに投げられるポケモンが欲しかったのでアッキカバルドンを採用。ボディプレスを撃ちたい場面があまり無かったので起点回避ができる欠伸とした。


ラッキー@進化の輝石

f:id:mamesora00:20201201115456g:image

図太い/自然回復


326(4)-×-62(252)-×-157(252)-70


地球投げ/たまごうみ/ステルスロック/みがわり


特殊受け枠。珠サンダーなどの積み技がない特殊アタッカーは安定して受けられる点とステルスロックをほぼノーリスクで撒ける点が強かった。ナットレイのやどりぎから抜けられなくて負ける試合が多かったため電磁波を抜いてみがわりを採用した。


ブルンゲル@オボンのみ

f:id:mamesora00:20201201115557g:image

図太い/貯水

 

206(244)-×-134(252)-106(4)-126(4)-81(4)


熱湯/たたりめ/鬼火/自己再生


最終日3日前までドヒドイデを採用していたが、ウオノラゴンが増加したように感じたためより安全に受けられて、ドヒドイデの役割であったフェローチェにも弱くないポケモンとして貯水ブルンゲルを採用した。また、ブリザポスにも弱点をつかれないため択無しに投げられるようになったのがよかった。ドヒドイデと比べてスペックがかなり劣っているためギリギリまで悩んでいたが最終日にも活躍してくれたのでよかった。


ピクシー@ウイのみ

f:id:mamesora00:20201201120004g:image

穏やか/天然


202(252)-×-107(108)-116(4)-140(140)-81(4)


HB-ラティオスの特化サイコショック2耐え

余りD


ムーンフォース/サイコショック/月の光/瞑想


崩し枠として採用される瞑想+ショック・アシパのポケモンやガラルファイヤーに簡単に負けないように天然のピクシーを採用。物理特殊両方を受けられるように調整した。サイコショックハピナスを意識して採用。瞑想ショックによる崩しには前世代から悩まされていたので解決できてよかった。

 

【結果】


最高レート 2056 (11/28)

f:id:mamesora00:20201201120926j:image

 

最終755位

 


ウツロイドと悪ラオスに薄かったのが反省点です。ウオノラゴンよりもウツロイドに強く組むべきだったかもしれません。。また1から考えて来期に臨みたいと思います。

 

【S8シングル】受け攻めゴリドヒ【最終214位】

そらまめといいます。S8で使った構築について簡潔に書きたいと思います。

f:id:mamesora00:20200801174628j:image

 

【コンセプト】

1.初手ダイマックスで対面的に処理をして裏の受けポケモンで詰める。

2.受けポケモンで相手のダイマックスを枯らしたあとにダイマックスエースで勝ち切る。

 

この2点を相手によって使い分けました。

 

【個体解説】

 

エースバーン@ラムのみ(キョダイ)

f:id:mamesora00:20200801180130g:image

陽気/リベロ

155-168(252)-95-×-96(4)-188(252)

火炎ボール/飛び膝蹴り/とびはねる/思念の頭突き

 

初手の電磁波巻きポケモンをダイジェットで起点にできるようにラムのみを持たせた。使われて嫌な思念を覚えさせてエース・崩しのダイマアタッカーとして申し分ない性能だった。

 

トゲキッス@いのちのたま

f:id:mamesora00:20200801180850g:image

控えめ/てんのめぐみ

161(4)-×-115-189(252)-135-132(252)

マジカルシャイン/エアスラッシュ/大文字/原始の力

 

威嚇やアッキなどで物理ポケモンが止められやすいことからトゲキッスを主軸のエースにしたいため技範囲を広げて珠を持たせた。終盤トゲキッスはマジカルフレイム型がはやっていたため初手ダイマで暴れるプランが通しやすく感じた。

 

カバルドン@アッキのみ

f:id:mamesora00:20200801180703j:image

腕白/すなおこし

215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67

地震/ステルスロック/あくび/なまける

 

電気の一貫を切る枠。エースバーン・パッチラゴンに強い受けとして採用。ステルスロックで裏のエースを通しやすくしたりした。

 

ゴリランダー@きあいのタスキ(キョダイ)

f:id:mamesora00:20200801180924g:image

意地っ張り/グラスメイカ

175-194(252)-110-×-91(4)-137(252)

グラススライダー/ばかぢから/叩き落とす/剣の舞

 

GFを貼れることはもちろん、相手のダイマエースや積みアタッカーへのストッパーとして優秀だった。行動保証、積み技、先制技の性能がミミッキュに近く非常に使い勝手がよかった。

 

ドヒドイデ@くろいヘドロ

f:id:mamesora00:20200801180534g:image

穏やか/再生力

157(252)-×-173(4)-73-178-87(252)

熱湯/毒々/トーチカ/自己再生

 

元々HD特化だったが中盤以降身代わりポリ2が増えて簡単に負けてしまうことが多かったため、上から毒を入れられるS振りに変更。ポリゴン2ミラー意識で少しSを振っている個体も抜けるように準速まで伸ばした。耐久不足を感じることは少なくSを伸ばしたおかげで多くの試合で勝ちを拾えたのでよかった。

 

ポリゴン2@しんかのきせき

f:id:mamesora00:20200801175731g:image

穏やか/トレース

191(244)-×-134(188)-125-137(76)-80

 

HB-珠ドラパルトの物理ダイドラグーン(130)高確率で2耐え

HD-珠ドラパルトの特殊ダイドラグーン(140)2耐え

 

冷凍ビーム/イカサマ/自己再生/電磁波

 

ドラパルトに対して投げたいため物理特殊両方に対応できる調整にした。相手のダイマックスポケモンに麻痺を入れて裏のエースでまくることを考えていたため放電ではなく電磁波を採用した。

 

 

 

最終日当日にも構築が定まっておらず、両刀珠エースバーンやラムキッス、カバルドンの代わりにドサイドンを使ったりしていたのでマッチングした時と書いている型が違っているかもしれません😖

 

身代わりや日差しをもったトゲキッスに勝てなかったことが敗因だと思います。

 

TN そらまめ 最高レート2086 最終4桁

TN Aenea     最終214位

f:id:mamesora00:20200801181100j:image

画像は7/31 22時の時点

 

目標には届きませんでしたが8月はポケモンができないかもしれないので区切りとして久しぶりに構築記事を書きました。直近の3シーズン全て悔しい結果に終わっているので次にやるシーズンでは結果を残せるように頑張りたいです。

 

Twitter:@mamesora00

 

 

【S5ダブル】追い風旋律スタン 【最終68位】

ランクバトルシーズン5おつかれさまでした!今シーズンは初めて最終2桁順位を達成できたので構築記事を書こうと思います!

 

f:id:mamesora00:20200501183320j:image

 

【構築経緯】

エルフーンの追い風と合わせるとラプラスのキョダイセンリツをほぼ確実に決められると考え、エルフーン+ラプラスを軸に組み始めました。

・基本選出の後続として、先発のエルフーンの追い風やラプラスオーロラベール、ダイストリームの雨と相性の良い非ダイマックス枠としてウオノラゴンを採用しました。

ラプラスを使用する上で避雷針のポケモンを構築に入れておきたいと思いライチュウ(最終的にライボルト)、ラプラス以外のダイマックス枠としてトリックルーム軸に出していくジュラルドン、ここまでで相手の水タイプのダイマックスポケモンが辛いので、雨との相性も良く素早さが遅くてトリックルームをされても戦えるチョッキナットレイを採用しました。

 

【個体解説】

 

ラプラス@命の珠

f:id:mamesora00:20200501173733g:image

性格:控えめ  特性:シェルアーマー

205-×-106(44)-150(252)-115-107(212)

S:追い風下で最速ドラパルト抜き

 

ハイドロポンプ/吹雪/雷/まもる

 

構築の軸のポケモンです。エルフーンの追い風と合わせればダイホロウ+弱点の物理技などで倒される前にキョダイセンリツを決めることができるのが強いと考えました。放置されて弱いポケモンにならないように火力に特化して命の珠を持たせました。技構成は命中不安技ばかりですがダイマックス中の火力を重視してこのようになりました。守るは元々フリーズドライでしたが1ターン目の脱出トリックケアをしたいと思い採用しました。

 

ライボルト@達人の帯

f:id:mamesora00:20200501173820g:image

性格:臆病 特性:避雷針

145-×-80-157(252)-80-172(252)

 

10万ボルト/オーバーヒート/電磁波/怪電波

 

最終日の前日までオボンライチュウでしたが、環境にナットレイが増えたこと、ライチュウの選出率が低く活躍した場面も少なかったので炎技を覚えるライボルトに変更しました。ストリンダーやパッチラゴンなどダイマックスしたら強い電気タイプが相手の構築にいる時に避雷針でラプラスを守る選出しました。怪電波が活躍した場面は少なかったです。

 

ジュラルドン@弱点保険

f:id:mamesora00:20200501173842g:image

性格:控えめ 特性:筋金入り

146(4)-×-136(4)-187(236)-102(252)-107(12)

S:追い風下で最速ドラパルト抜き

 

流星群/ラスターカノン/悪の波動/守る

 

vsガチトリルにラプラスの代わりに選出するポケモンです。先発にウオノラゴンと並べてウオノラゴンの地震をトリガーに保険を発動させることでトリルを張らせずに倒すことができます。エルフーンジュラルドンとして選出することはほとんどなくvsトリルパ専用のポケモンでした。

 

ウオノラゴン@こだわりハチマキ

f:id:mamesora00:20200501174430j:image

(gifが重くて載せられませんでした)

 

性格:意地っ張り 特性:頑丈顎

166(4)-156(252)-120-×-100-127(252)

 

エラがみ/ドラゴンダイブ/地震/岩雪崩

 

追い風、オーロラベール、天候の雨のどれとも相性の良いアタッカーです。基本的にこのポケモンで相性を無視した高火力をぶつけて倒していくことを勝ち筋としていました。持ち物はダイマックスバンギラスを天候関係なく倒せたり、雨下であればローブシンを後攻エラがみで倒せることに魅力を感じて鉢巻にしました。行動するまでは相手はスカーフを警戒しているということを頭に入れて立ち回りました。

 

エルフーン@きあいのタスキ

f:id:mamesora00:20200501174245g:image

性格:臆病  特性:悪戯心

135-×-105-129(252)-96(4)-184(252)

 

エナジーボール/追い風/挑発/手助け

 

唯一悪戯心追い風ができるポケモンです。相手の先発にトリックルームを覚えるポケモンがいたら追い風は撃たずに挑発を撃ちました。トリトドンが構築で重いので1ウェポンはフェアリー技よりも草技を選びました。エルフーンミラーは同速に勝てることを祈りながら挑発で解決していました。

 

ナットレイ@突撃チョッキ

f:id:mamesora00:20200501174410g:image

性格:勇敢 特性:鉄のトゲ

181(252)-160(252)-152(4)-×-136-22(最遅)

 

パワーウィップ/ジャイロボール/ボディプレス/叩き落とす

 

追い風構築で全体的に素早さが高いのでトリックルームの切り返し手段として遅いナットレイを採用しました。ダイマックスミロカロスアシレーヌと戦えて、ウオノラゴンが苦手なフェアリータイプにも強く出ることができます。ボディプレスを覚えていることからナットレイミラーにも強いと思っていましたが、環境が鉄壁ボディプレスばかりでむしろミラーではほとんど勝てなかったです。

 

【選出】

基本選出

先発:ラプラス エルフーン

後発:ウオノラゴン ナットレイ

 

8割くらいはこの選出をしていました。追い風中はウオノラゴンを動かし追い風が終わった後にナットレイで詰めていくのが理想です。トゲデマルなどの襷かつ猫騙し持ちのポケモンがいたらエルフーンナットレイに引いて襷を潰しながらラプラスで攻撃します。

 

vsトリルパ

先発:ジュラルドン ウオノラゴン

後発:ナットレイ @1

 

1ターン目にジュラルドンの解説に合った通りの行動をしてトリル要因を動かさずに倒し、2ターン目はウオノラゴンは引いてジュラルドンが暴れた後にエラがみを押し付けていきます。

 

vsストリンダー、パッチラゴン等

先発:エルフーン ラプラス

後発:ライボルト @1

 

ライボルト交代は読まれることが多いのでタイミングを見計らって前に出してラプラスを守ります。相手に電気タイプがいても状況によっては選出しないこともありました。

 

反省点を挙げるならセキタンザン軸と、耐久を振った弱点保険ドラパルトが重かったです。また、バンドリに有利だと思っていましたが相手の立ち回りが上手いと負けることが多かったです。

 

【成績】

TN:そらまめ  最終799位(最終日96位から始めて溶かしました)

 

TN:Swimswim 最終68位

f:id:mamesora00:20200501183812j:image

 

【終わりに】

JCSを目指して剣盾から本格的にダブルバトルを始めて、最初は何もわからなくて勝てませんでしたが今シーズンでは満足できる結果を残せて良かったです。またINC Februaryでは最終1824、49位とJCS出場権の30位以内には惜しくも届きませんでしたがそこそこの結果を残すこともできました。JCSが中止になりINC Mayでは上位にも出場権が付与されないから、ダブルバトルだけに集中することをやめて来期からはシングルを復帰しながらダブルも続けていきたいと思います。ダブルをやって得た知識をシングルにも活かしていけたらと思います。ダブルのランクマッチでは切断バグが全くと言っていいほどなく、今期のランクマッチ400戦以上とINCを含めて1度もされませんでした。それが無いおかげでストレスを感じることなくモチベーションを保てたことも今回の結果に繋がっていると思います。対戦してくださった方はありがとうございました!

 

Twitter:@mamesora00