【S27シングル】ザシバドハピヌオー【最終5位】

S27おつかれさまでした!

f:id:mamesora00:20220301190810j:image

久しぶりに結果を残せたので構築記事を書きたいと思います。

使っていた構築は以下の通りです。

f:id:mamesora00:20220301082833j:image

レンタルチームを公開しているのでよければ使ってみてください。

 

【構築経緯】

ほとんどの禁伝に五分以上が取れる「ザシアン」と「特殊でパワーの高い禁伝」+「ハピナスヌオー」の並びで環境を幅広く見ることができてメタモンの対策もできると思いこの4体を軸とした。

補完として、ザシアンが不利を取るホウオウ、ネクロズマに対して強く出られて珠を持たせられる「霊獣ランドロス」と受け回しに強く出られる「悪ウーラオス」を採用。

「特殊でパワーの高い禁伝」として、サイクルで削りを入れて一貫を作った時の制圧力が高い「黒バドレックス」を採用して構築の完成とした。

f:id:mamesora00:20220301165636j:imagef:id:mamesora00:20220301165634j:imagef:id:mamesora00:20220301165628j:imagef:id:mamesora00:20220301165632j:imagef:id:mamesora00:20220301165630j:imagef:id:mamesora00:20220301165626j:image

 

【個体解説】

ザシアン@朽ちた剣

f:id:mamesora00:20220301163722j:image

意地っ張り/ふとうの剣

199(252)-234(180)-136(4)-×-140(36)-173(36)

HD-臆病珠イベルタルのダイバーン確定耐え

S-準速エースバーン+2

A-余り

巨獣斬/じゃれつく/電光石火/剣の舞

 

ダイマ権を使わずに多くの禁伝と戦えるポケモン。最終日前日までは素早さ実数値191の速い個体を使っていたが、ミラーで上を取るよりもイベルタルに少しでも強くした方がいいと思い上記の調整にした。

技は汎用性が高く自分の中で1番使いやすい構成にした。ヌオーがいるおかげでコスパダイナ+メタモンのような並びにも剣舞を積んで勝つことができた。

 

黒バドレックス@気合いの襷

f:id:mamesora00:20220301165359j:image

臆病/人馬一体

175-×-101(4)-217(252)-120-222(252)

アストラルビット/サイコキネシス/ドレインキッス/鬼火

 

ザシアンと同じくパワーが高く速い禁伝枠。霊の一貫がある構築に滅法強く出られた。

ドレインキッスは悪ラオスに対する打点になったり、初手の電磁波、欠伸展開に対してダイフェアリーを撃つことで展開を阻止してアドバンテージを取ることができた。

鬼火は襷ラオスの不意打ちを透かすのに役立ったり、珠ガマゲロゲランドロス等の物理の初手ダイマに対して火傷させることで裏のハピヌオーで受けきることができるようになった。

ザシアンが苦手なネクロズマや物理受けに強く、バドが苦手なイベルタル等にはザシアンが強いため禁伝同士の相性もよかった。

 

ランドロス@命の珠

f:id:mamesora00:20220301171828j:image

陽気/威嚇

165-197(252)-110-×-100-157(252)

地震/空を飛ぶ/岩雪崩/剣の舞

 

ネクロズマ絡みの並びを崩していける珠アタッカー。ホウオウが重いためホウオウ入りにはほとんど初手に投げていた。

ダイマックスの撃ち合いに強く、威嚇によるサイクル適正もあるので選出した時に幅広く活躍することができた。

チョッキ持ち禁伝が多い環境だったので物理でダイマックスを切れるのは1つの強みだと感じた。

 

悪ウーラオス@こだわり鉢巻

f:id:mamesora00:20220301175043j:image

陽気/不可視の拳

175-182(252)-120-×-81(4)-163(252)

暗黒強打/インファイト/ストーンエッジ/燕返し

 

ホウオウに打点があって受け回しに強いポケモン。黒バドが苦手なバンギラスやポリ2にマウントが取れるのがよかった。

受け回し側はザシバドランドを意識してヌオーバンギムドー(アマガ)等で選出してくることがありそれらは簡単にこのポケモンで崩すことができた。

 

ハピナス@万能傘

f:id:mamesora00:20220301180732j:image

図太い/天のめぐみ

331(4)-×-68(252)-105(76)-177(172)-76(4)

B-特化

C-ダイホロウで無振り黒バドレックス確定1発

D-余り

トライアタック/シャドーボール/タマゴうみ/瞑想

 

竜王戦ルールでも使っていたハピナス。万能傘を持つことで環境のほとんどの特殊禁伝に強く出ることができる。このルールから少し増えた珠カイオーガパルキアにも対応することができた。

物理耐久も無いわけではないので、バドレックスの鬼火やランドロスの威嚇と合わせれば物理や両刀のポケモンも受けられるようになる。

意外とダイマックスすることが多く、ダイアタックで素早さを下げて裏のザシアンやバドで縛れるようにするなど臨機応変に立ち回ることができた。

瞑想があることで瞑想オーガやルギアにも負けないようになり特殊アタッカーに対してはかなり信頼して受け出すことができた。

 

ヌオー@ゴツゴツメット

f:id:mamesora00:20220301181805j:image

腕白/天然

202(252)-105-150(252)-×-86(4)-55

地震/欠伸/守る/自己再生

 

おねむなヌオー。自分自身ヌオーは食べ残しで使うことが多かったが削りを入れて黒バドの圏内に入れることを意識してゴツメで採用した。

欠伸は様子見ができる点が使いやすく、相手が眠らせてきたら安全にアタッカーを着地させる動きが強かった。あまりしなかったプレイングだが、ラムっぽいポケモンには欠伸を入れたあと黒バドに引いて緊張感で眠らせるという択も取ることができた。

 

【選出】

メタモン入りにはザシアンと黒バドの同時選出はできないので、ザシアンヌオー@1か黒バドハピヌオーと選出しました。

黒バドハピヌオーという選出は初手ダイマに鬼火を入れたり、ハピヌオーのサイクルで削りながら黒バドの一貫を作るという立ち回りを意識しました。

 

構築で珠ガマゲロゲが重いですが、バドで鬼火を入れて傘ハピナスで受けたり、ハピナスのダイアタックで素早さを下げた後にザシアンバドで縛ったり、ヌオーの守るで雨を枯らすなどで何とかしていました。

 

 

【成績】

TN:おねむヌオー 最終5位(2117)

f:id:mamesora00:20220301185553j:image

TN:ソライロ 最終79位(2016)
f:id:mamesora00:20220301185555j:image

 

【終わりに】

ここ数シーズンは結果を残せていませんでしたが2回目の最終1桁を目標に取り組んでいたので達成することができて本当に嬉しいです。自分自身今期が学生のうちにできる最後のシーズンだったので悔いなく最終日を楽しめてよかったです。

これから社会人になってポケモンができるシーズンは減ってしまうと思いますが大好きなゲームなので時間ができた時にまたやりたいと思います!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

Twitter:@mamesora00

S23 最終46位

f:id:mamesora00:20211101131613j:image

TN: Eternity

S22で結果を残していたダイナラキムドーメタモン@2を使った。みがまもダイナとスカーフメタモンの対応範囲(ごまかし性能?)が高いと感じ最後まで使い続けた。

 

バンギラスの枠はずっとバルジーナで使っていたが、ドラパルトに勝てるように少しBに振ったバンギラスを最終日2日前から使った。 vs黒バドはバルジーナの方が安定するけどバンギでもなんとかなった。

 

ヤドランはヒードラン対策で鈍感で採用。メタモンが誘うザシアン+ヒードランに強く出られるのがよかった。

 

ゴチルゼルに対して勝率1割くらいしかなくてずっと悩んでたけど最終日は全然当たらなくて助かった。ドラパとスイクンはそこそこ当たってほとんど勝てなかった。。。 

【S22シングル】蒼響ヒトムランド【最終49位】

こんにちは!そらまめといいます。S22おつかれさまでした!

f:id:mamesora00:20211001180521j:image

今期は最終2桁を達成することができたので構築記事を書こうと思います。

使っていた構築は以下の通りです。

f:id:mamesora00:20211001180542j:image

 

【構築経緯】

炎の牙ザシアン+ドヒドヌオー対策ポケモン+ポリゴン2の並びが強いと考えこの3体から組み始めた。

補完として、相手のザシアンに投げられて地面・電気の一貫を切れる「HB霊獣ランドロス」、カイオーガやウオノラゴン等に対する水の一貫を切れる「貯水ウオノラゴン」、ザシアンの上から動けて高い打点を持ち、マンムーやガラルヒヒダルマにも強めの「スカーフヒートロトム」を採用。

ドヒドヌオー対策ポケモンとしてモロバレルを入れていたが、他の5体では受けループを崩せないので「ゴチルゼル」を採用し構築の完成とした。

f:id:mamesora00:20210930133715j:imagef:id:mamesora00:20210930133707j:imagef:id:mamesora00:20210930133711j:imagef:id:mamesora00:20210930133713j:imagef:id:mamesora00:20210930133717j:imagef:id:mamesora00:20210930133709j:image

 

【個体解説】

ザシアン@朽ちた剣

f:id:mamesora00:20210930132920j:image

陽気/ふとうの剣

191(188)-215(198)-135-×-135-202(124)

H-16n−1

S-最速ムゲンダイナ+2

A-余り(ゴツゴツメットが2回入ったHP199ザシアンを+1巨獣斬で落とせる程度)

巨獣斬/じゃれつく/炎の牙/剣の舞

 

禁止伝説枠。ゴツメを持った鋼タイプ(主にハッサム)に打点があるザシアンが強いと考え、炎の牙ザシアンから構築を組み始めた。素早さは最速ムゲンダイナと意地のザシアンを抜くことを意識して調整した。

剣舞はゴツメや静電気に触れる回数を少なくしたり、相手の裏にいる遅いザシアンを一撃で倒して勝つルートを作れたりと非常に便利だった。

禁止伝説の中でザシアンは頭一つ抜けて強いと改めて実感することができた。

 

霊獣ランドロス@ゴツゴツメット

f:id:mamesora00:20210930132956j:image

呑気/威嚇

196(252)-165-156(252)-×-101(4)-99

地震/岩石封じ/蜻蛉返り/ステルスロック

 

相手のザシアンへ投げるゴツメ枠として採用。環境に多かったガブリアスやエースバーンにも強く出られるところがよかった。vsザシアンではなるべく2回以上ゴツメに触らせてこちらのザシアン圏内に入れるという立ち回りを意識した。

 

ウオノラゴン@こだわり鉢巻

f:id:mamesora00:20210930133105j:image

意地っ張り/貯水

エラがみ/逆鱗/ロックブラスト/眠る

165-156(252)-120-×-101(4)-127(252)

 

カイオーガとウオノラゴンが高い火力を出してくる関係で水の一貫を切る事が大切だと考え貯水ウオノラゴンを採用した。相手視点では水の一貫を切れていないように見えるので、こだわっている水技への受け出しから負荷をかけられる展開になることが多かった。

このポケモンのおかげで終盤増えていたカイオーガ軸と当たっても怖気ずに戦うことができた。

 

ヒートロトム@こだわりスカーフ

f:id:mamesora00:20210930133216j:image

臆病/浮遊

143(140)-×-127-140(116)-127-151(252)

C-HP155のザシアンをオーバーヒートで93.7%で倒せる

S-最速

余りH

ボルトチェンジ/オーバーヒート/鬼火/トリック

 

一般枠で1番選出したポケモン。相手のザシアンに上から打点を持てるポケモンとして採用。初手に投げることが多く、対面次第でボルチェン、鬼火、トリックを選び試合を始めることができた。

こちらのザシアンとのタイプ相性がよく、ザシアンの弱点を半減以下で受けられたり、炎の牙だけでは対策にならない鋼タイプに強く出られるのがよかった。ムゲンダイナやガブリアスにスカーフを渡すとザシヒトムに一貫する技がないのでサイクルを有利に進めることができるようになった。

またvsメタモンではこちらのザシアンに変身された時のストッパーにもなれたりとあらゆる場面で活躍してくれたMVPポケモン

 

ポリゴン2@進化の輝石

f:id:mamesora00:20210930133233j:image

生意気/アナライズ

191(244)-×-124(108)-125-148(156)-58

HB-黒バドレックスのメガネサイコショック2耐え

HD-黒バドレックスのメガネサイコキネシス2耐え

S-最遅

トライアタック/イカサマ/スピードスワップ/自己再生

 

黒バド対策としてアストラルビットを無効化して両受けができるポリゴン2を採用。

スピードスワップは黒バドや積み技持ちのポケモンに撃つことで裏のポケモンで縛る動きが可能になった。

イカサマのおかげでネクロズマにも強く出ることができ、ザシアン軸ながらもヒトムとポリ2のおかげでvsネクロズマでは五分以上の勝負ができた。

 

ゴチルゼル@こだわりメガネ

f:id:mamesora00:20210930133245j:image

控えめ/影踏み

175(236)-×-115-161(252)-130-88(20)

サイコキネシス/瞑想/トリック/眠る

 

構築経緯で述べたドヒドヌオー対策枠。黒い霧ドヒドとグロパンヌオーのどちらにも勝てるメガネ型で採用した。このポケモンで詰ませるのではなく、ドヒドヌオーを逃がさずに倒してザシアンを通すことを役割とした。

終盤は受けルが少なく、受けル側も抜け殻を採用していたりと選出して活躍することは少なかったが、ゴチルゼルの対策をしていない受けループに簡単に勝てたり、相手の受けポケモンを選出させづらくした気もするので6体目に適したポケモンだった。

 

 

【成績】

TN:そらまめ 最終153位(2017)

f:id:mamesora00:20211001181141j:image

TN:Arpeggio 最終49位(2073)

f:id:mamesora00:20211001181152j:image

 

最終日はArpeggioのみで潜っていました。

 

【最後に】

前期あまり良い結果が残せず、今期は頑張りたいと思っていたので無事に最終2桁に残れて良かったです。1度だけ2100チャレンジのチャンスがありましたが負けてしまったのがとても悔しいです。それでも最後の3時間くらいはずっと2桁で戦えていたので最終日を楽しむことができました。

目標が叶わなかった分、S23も頑張りたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

Twitter:@mamesora00

【S20シングル】ドヒドナットポリ2【最終79位】

こんにちは!そらまめといいます。S20おつかれさまでした!

f:id:mamesora00:20210801135630j:image

 

今期も最終2桁を達成することができたので構築記事を書きたいと思います。(冠環境が今期で終わりということでいつもよりも簡潔に書きます)

 

使っていた構築は以下の通りです。

f:id:mamesora00:20210801135927j:image

 

 

【構築経緯】

既存の並びで使ってみたかった「ポリドヒドランド」の3体から組み始めた。ポリドヒドを崩しにくる地面の物理ポケモンなどに強く出られる「水ウーラオス」、相手のウーラオスに後投げできるオボン「サンダー」を採用。最後の枠は元々ヒードランを採用していたが、ウツロイドの増加とライコウ、水ロトムに勝てなかったため「ナットレイ」を採用して構築の完成とした。

 

 

【個体解説】

サンダー@オボンのみ

f:id:mamesora00:20210801134215j:image

臆病/静電気

196(244)-×-130(196)-146(4)-111(4)-140(60)

HB-オボンのみ込みで意地ウーラオスの暗黒強打を高確率で2耐え

S-最速75族抜き

ボルトチェンジ/暴風/怪電波/羽休め

 

後半の冠環境でいつも最後には構築にいるオボンサンダー。両ウーラオスに対して1度様子見で投げられるのが強く最後まで信用した。

 

水ウーラオス@こだわりハチマキ

f:id:mamesora00:20210801134510j:image

陽気/不可視の拳

175-182(252)-121(4)-×-80-163(252)

水流連打/インファイト/雷パンチ/冷凍パンチ

 

マンムーランドロスに対して強く出られることを評価して採用。技範囲が広いことからダイマックスをしても強い所が扱いやすかった。

 

ランドロス@命の珠

f:id:mamesora00:20210801134555j:image

意地っ張り/威嚇

165(4)-216(252)-110-×-100-143(252)

地震/空を飛ぶ/岩雪崩/剣の舞

 

構築が完成した時に珠アタッカーがいなかったため前期強いとされていた意地珠で採用。舞うタイミングが難しいが、舞わなくても十分な火力が出るので基本的に有利対面ではダイマックスを切っていた。

 

ドヒドイデ@黒いヘドロ

f:id:mamesora00:20210801134738j:image

図太い/再生力

157(252)-×-224(252)-73-163(4)-55

熱湯/トーチカ/黒い霧/自己再生

 

フェローチェやウオノラゴン入りに主に選出した。黒い霧は最終日に刺さることが多く、バトンパやピクシーに対して楽に勝てた試合も何度かあった。エースバーンはこのポケモンで受けようと思わずにランドロスに一任していた。

 

ナットレイ@食べ残し

f:id:mamesora00:20210801134746j:image

腕白/鉄のトゲ

181(252)-114-200(244)-×-136-42(12)

ボディプレス/やどりぎの種/鉄壁/守る

 

最終日1日前に入ってきたポケモン。構築で相手のナットレイが重いため少しでも有利にするためにジャイロボールを採用しないでSに12振った。ポリゴン2で勝てなかったアシッドボムウツロイドにも強く出られるのがよかった。

 

ポリゴン2@進化の奇跡

f:id:mamesora00:20210801134826j:image

生意気/トレース

191(244)-101(4)-111(4)-126(4)-161(252)-72

トライアタック/冷凍ビーム/アイアンテール/自己再生

 

HDトレースポリゴン2。トレースはランドロスカイリュー等に対して強く働き、受けられる幅が少し広がった。環境のウツロイドの増加を感じたためヒードランナットレイに替えたあともアイアンテールは引き続き採用した。

 

【成績】

TN:ちの 最終79位(2008)

f:id:mamesora00:20210801135611j:image

 

【最後に】

ここまで読んでいただきありがとうございました!後半の冠環境では毎シーズン最終2桁を達成できてとても嬉しいです。今期は31日の午前中の時点で4桁順位でしたがここまでレートを上げられたので今後の自信になればいいなと思っています。

ルールが変わるS21からも頑張りたいと思います!

 

Twitter:@mamesora00

 

【S19シングル】幸福ハピナマコ【最終44位】

こんにちは!そらまめといいます。S19おつかれさまでした!

f:id:mamesora00:20210629100811j:image

 

今期も最終2桁を達成することができたので構築記事を書きたいと思います。

 

使っていた構築は以下の通りです。

f:id:mamesora00:20210701033334j:image

 

 

【構築経緯】

ハピナスナマコブシ」の並びを使ってみたかったのでこの2体から組み始めた。この2体が不利を取るゴリランダーやカプ・レヒレに強くサイクル性能がある「サンダー」を入れてこの3体を基本選出とした。

ナマコブシが身代わりに不利なことと、ウオノラゴンが受からないことからすり抜け「ドラパルト」を採用。あとの2体は補完として、電気の一貫を切れて相手のジバコイルに強い「霊獣ランドロス」と、鋼枠として「ジバコイル」を採用して構築の完成とした。

 

 

【個体解説】

ドラパルト@命の珠

f:id:mamesora00:20210629014630j:image

陽気/すりぬけ

163-172(252)-95-108-96(4)-213(252)

ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/火炎放射/身代わり

 

身代わりに弱いナマコブシの欠点を補える特性をもち、構築で重いウオノラゴンに強いポケモンとして採用。身代わりを覚えさせることでステロ展開にも少し有利に立ち回れた。

初めは竜舞で使っていたが、構築でナットレイが重すぎたのでそれに対する打点として火炎放射を採用した。

久しぶりにドラパルトを使ったが、速くて火力のあるポケモンが強いことを改めて実感することができた。

 

 

サンダー@オボンのみ

f:id:mamesora00:20210629014641j:image

臆病/静電気

196(244)-×-130(196)-146(4)-111(4)-140(60)

HB-オボンのみ込みで意地ウーラオスの暗黒強打を高確率で2耐え

S-最速75族抜き

ボルトチェンジ/暴風/怪電波/羽休め

 

前期(S18)の調整が使いやすかったのでそのまま採用。オボンのおかげでウーラオスに対して様子見で1度投げることができる。

準速以下のゴリランダーの上から動けることで有利に立ち回れることが多かった。ダイマックスをしても強いので柔軟に立ち回ることができた。

良い結果を残せた時にいつも構築にいるレギュラーポケモン

 

 

霊獣ランドロス@フィラのみ
f:id:mamesora00:20210629014644j:image

慎重/威嚇

196(252)-165-111(4)-×-145(252)-111

地震/岩石封じ/蜻蛉返り/ステルスロック 

 

ヒードランジバコイルに強く出るためにHDに振ったクッションランドロス。初めはチョッキで使っていたが火力よりもステロがほしい場面が多かったのでこのような型になった。

選出機会は多くはなかったが構築の電気の一貫を切れて、流行っていたジバコイルに安定して投げられた点は良かった。

 

 

ジバコイル@弱点保険
f:id:mamesora00:20210629014638j:image

図太い/アナライズ

175(236)-×-177(204)-158(60)-111(4)-81(4)

H-16n−1

C-アナライズダイサンダーでエースバーン確定1発

10万ボルト/ラスターカノン/ボディプレス/鉄壁

 

有名な調整の鉄壁ボディプレジバコイル。相手の物理ドラパルトやレヒレに強い鋼枠として採用。

鉄壁を積んでダイマックスをきれば相性をひっくり返すパワーがあり、そのまま勝てるという試合も多かった。毒の一貫を切れて受け構築に強い点も良かった。

 

 

ナマコブシ@食べ残し
f:id:mamesora00:20210629014633j:image

図太い/天然

162(252)-×-200(252)-×-151(4)-25

水浸し/毒々/守る/自己再生

 

構築の軸。特性が優秀であらゆる物理ポケモンを詰ませられることを評価して採用。珠持ちのポケモンは受かるか怪しいが、耐久に振った積み技前提のポケモンには無類の強さがあった。

守ると合わせて2度回復出来れば受けられる範囲が多少変わるので持ち物は食べ残しとした。

攻撃技がないので挑発や身代わりに何もできなかったりと扱いが難しいと感じることも多かったが、その分詰ませる性能は高く物理受けとして活躍してくれた。

 

 

ハピナス@ヨプのみ
f:id:mamesora00:20210629014636j:image

図太い/天の恵み

331(4)-×-68(252)-120(196)-156(4)-82(52)

B-特化

S-麻痺した最速ウーラオス抜き

余りC

トライアタック/タマゴうみ/身代わり/瞑想

 

軸その2。特防方面に振らなくてもHDポリゴン2より硬く、環境に多いサンダーやポリゴン2に強いので選出しやすかった。

トライアタックは有利対面での安定行動になりつつ、受け出しにきた物理ポケモンへ4割のリスクを付けられるのが相変わらず強力だった。

ゴーストタイプに何もできないことを嫌って冷凍ビームを採用していたが、身代わりにすることで状態異常や追加効果をケアできたりバインドから逃げられたりと立ち回りに余裕ができるようになった。

ヨプのみはダイマックスと合わせるとだいたいの攻撃を耐えられるようになり、サイクルの中で相手に想定外のダメージを与えることができた。

 

 

【成績】

TN: Kaleidoscope    最終44位(2025)

f:id:mamesora00:20210701120753j:image

 

 

【最後に】

ここまで読んでいただきありがとうございました!4期連続で最終2桁以上を達成できてとても嬉しいです!最近はツイキャスでランクマッチの配信もしているので来ていただけたら嬉しいです😊

 

構築名はハピナスの中国名の「幸福蛋」から取りました。ハピナスは1番好きなポケモンなので再び結果を残せて嬉しいです。

質問などがあればTwitterまでお願いします。

 

Twitter:@mamesora00

【S18シングル】水彩ポリレヒレ【最終43位】

こんにちは!そらまめといいます。シーズン18おつかれさまでした!

f:id:mamesora00:20210601063820j:image

 

今期も最終2桁を達成することができたので構築記事を書きたいと思います。

使っていた構築は以下の通りです。

f:id:mamesora00:20210601064306j:image

 

 

【構築経緯】

現環境で最もメジャーな並びであるサンダー+ウーラオスに対してサイクルができる「カプ・レヒレ」「ポリゴン2」の2体から組み始めた。この2体にある電気の一貫を切ることができて、カプ・コケコや霊獣ボルトロスへの受け出しが安定している「霊獣ランドロス」を採用。

ここまでで突破が難しいナットレイポリゴン2に強くダイマックスの適性がある「エースバーン」、カプ・レヒレ等の高耐久水タイプに強い「サンダー」、崩し枠として「悪ウーラオス」を採用して構築の完成とした。

f:id:mamesora00:20210601155320j:imagef:id:mamesora00:20210601155322j:imagef:id:mamesora00:20210601155316j:imagef:id:mamesora00:20210601155314j:imagef:id:mamesora00:20210601155311j:imagef:id:mamesora00:20210601155325j:image

 

【コンセプト】

・環境にいるポケモン、並びに幅広く対応する。

・数的不利を取らない立ち回りを意識してサンダー、ポリゴン2TODをすることを勝ち筋とする。

 

【個体解説】

エースバーン@命の珠

f:id:mamesora00:20210601010859j:image

陽気/リベロ

155-168(252)-95-×-96(4)-188(252)

火炎ボール/ギガインパクト/飛び膝蹴り/飛び跳ねる

 

ダイマックス時のパワーが高くナットレイポリゴン2に強いポケモンとして採用。

受けループには選出しないため思念の頭突きの採用を見送り、ダイマックス時のパワーがより高くなるようにギガインパクトと飛び跳ねるを両方採用した。

リベロという特性は守りにも使えるのが強い。

 

サンダー@オボンのみ
f:id:mamesora00:20210601010910j:image

臆病/静電気

196(244)-×-130(196)-146(4)-111(4)-140(60)

HB-オボンのみ込みで意地ウーラオスの暗黒強打を高確率で2耐え

S-最速75族抜き

ボルトチェンジ/暴風/怪電波/羽休め

 

あらゆる構築に出せる怪電波持ちのHBベースサンダー。素早さを少し伸ばすことで、ジェット後にスカーフウオノラゴンを抜けたり、実数値128ラインの調整を余裕を持って抜けるようになった。怪電波+羽休めでTODに持ち込むことも多かった。

 

悪ウーラオス@こだわり鉢巻
f:id:mamesora00:20210601010907j:image

陽気/不可視の拳

175-182(252)-120-×-81(4)-163(252)

暗黒強打/インファイト/不意打ち/毒づき

 

いつも構築にいる崩し枠。ナットレイポリゴン2にも強いためスタンパにも選出することが多かった。カプ・レヒレを意識して毒づきを採用。

自分で受け構築を組もうとするとどうしてもこのポケモンに悩まされてしまうため、そういった意味でも崩し枠として1番信用しているポケモン

 

霊獣ランドロス@突撃チョッキ
f:id:mamesora00:20210601010912j:image

意地っ張り/威嚇

191(212)-201(140)-111(4)-×-101(4)-130(148)

H-16n−1

A-ダイアース・ジェットで無振りエースバーン確定1発

S-準速75族+3

地震/空を飛ぶ/馬鹿力/岩石封じ

 

電気無効枠。最初はHBで採用していたが、環境に増えていた霊獣ボルトロスやカプ・コケコなどに受け出すことが多かったためチョッキを持たせた。

この環境ではポリゴン2の突破手段を少しでも多く用意しておきたかったため馬鹿力を採用した。

 

カプ・レヒレ@こだわりスカーフ
f:id:mamesora00:20210601010904j:image

臆病/ミストメイカ

145-×-135-147(252)-151(4)-150(252)

波乗り/ムーンフォース/冷凍ビーム/トリック

 

両ウーラオスに強く、どの構築にも選出しやすいポケモンとして採用。ミストフィールドを貼ることでサイクルに余裕ができるのが強かった。

回復技持ちのポケモンにトリックでスカーフを渡すことで同じようなサイクル構築に対して立ち回りやすくなった。

環境のメジャーなポケモンに強く出られるので初手での選出率が高く、選出すれば何かしら活躍してくれるポケモンだった。

 

ポリゴン2@進化の輝石
f:id:mamesora00:20210601010902j:image

生意気/ダウンロード

191(244)-101(4)-111(4)-126(4)-161(252)-72

トライアタック/冷凍ビーム/アイアンテール/自己再生

 

メジャーなHDポリゴン2

HBサンダーに出した時に恩恵を受けられるように特性はダウンロードにして、裏への負荷を考えて空元気ではなくトライアタックを採用した。アイアンテールは構築に鋼枠がいないためウツロイドを意識して採用。

BDの両方が高いため抽象的に色々なポケモンを受けることができた。カプ・レヒレと合わせてドラパルトにも安定して勝つことができた。

 

 

【選出】

ヒレサンダーポリ2と出すことが多かったです。

ナットレイポリゴン2入りにはエースバーンかウーラオスのどちらかをなるべく選出していました。霊獣ボルトロスなどの電気の特殊アタッカー(サンダーは除く)がいる相手には必ずランドロスを選出しました。

vs受けループはミストフィールドの上でウーラオスを動かすことを意識して立ち回りました。

 

【成績】

TN:ノーポイッ! 最終43位(2055)

f:id:mamesora00:20210601134041j:image

 

 

 

【最後に】

ここまで読んでいただきありがとうございました!初めて竜王戦以外のルールで最終2桁を達成できたのでとても嬉しいです。来期以降も頑張りたいと思います。質問などがあればTwitterにお願いします。

 

Twitter:@mamesora00

【S17シングル】蒼響ハピヌオー【最終5位】

こんにちは!そらまめといいます。シーズン17おつかれさまでした!

f:id:mamesora00:20210501145128j:image

 

 

今期は前期(S16)の構築に少し調整を加えて潜っていました。ラッキーがハピナスになっています。

使っていた構築は以下の通りです。

f:id:mamesora00:20211103154129j:image

11/3追記

ザシアンを色違い、サンダーを静電気にしてレンタルを作り直しました。画像は変更後のレンタルです。

 

 

前期の構築はこちら→【S16シングル】蒼響ラキヌオー【最終33位】 - Future Seeker

 

【コンセプト】

・前期不利だった構築(黒バドレックス、ネクロズマ、ホウオウ)に勝てるようにする。

・攻めポケモンと受けポケモンを相手によって使い分ける。

(構築経緯は前期とほとんど同じです!)

f:id:mamesora00:20210501133728j:imagef:id:mamesora00:20210501133829j:imagef:id:mamesora00:20210501133831j:imagef:id:mamesora00:20210501133720j:imagef:id:mamesora00:20210501133717j:imagef:id:mamesora00:20210501133810j:image

 

 

【個体解説】

ザシアン@朽ちた剣

f:id:mamesora00:20210430093004j:image

意地っ張り/ふとうの剣

199(252)-221(84)-136(4)-×-136(4)-189(164)

H-特化

S-最速エースバーン抜き

A-余り

巨獣斬/じゃれつく/ワイルドボルト/剣の舞

 

禁止伝説の中で1番強いと思い今期も採用。

前期は準速ザシアンと最速ムゲンダイナを意識した素早さ(203)だったが、両者とも環境に少ないので素早さを落として耐久と火力を伸ばした。

前期はホウオウ入りに苦戦していたため、少しでも勝率を上げるためにワイルドボルトを採用。電光石火がなくて不便に感じたこともあったが、それ以上にホウオウやドヒドイデに打点を持てたおかげで勝てる試合が多かった。

 

ラプラス@光の粘土

f:id:mamesora00:20210430094851j:image

控えめ/貯水

221(124)-×-115(116)-150(252)-116(4)-82(12)

B-B<Dの範囲でできるだけ高く

C-特化

S-60族+2

H-余り

泡沫のアリア/フリーズドライ/かみなり/みがわり

 

前期と同じ型で採用。主にカバルドンラグラージ展開に選出した。今期はカバルドンの前でみがわりをした後ダイマックスしないでアリアを撃った。

特性のおかげで流行っていたウオノラゴンに強く出られることも偉かった。

壁下で技範囲が広いザシアンがとにかく強く、ザシアンの対策が甘い構築には有利に戦えた。

 

サンダー@命の珠

f:id:mamesora00:20210430104846j:image

臆病/プレッシャー

165-×-106(4)-177(252)-110-167(252)

ボルトチェンジ/暴風/熱風/羽休め

 

前期と同じ最速珠サンダー。ダイマックスをするのももちろん強いが、ボルトチェンジと羽休めのサイクル性能が高く状況次第で柔軟に立ち回ることができた。

相手視点で型を誤認してもらいダイマックスを通しやすくする狙いで特性をプレッシャーにした。特性のおかげで通しやすくなった実感はあまりないがナットレイに熱風が通ったことがあったり、特性発動順でスカーフを判別したりすることができた。

 

悪ウーラオス@こだわり鉢巻

f:id:mamesora00:20210430170400j:image

陽気/不可視の拳

175-182(252)-120-×-81(4)-163(252)

暗黒強打/インファイト/不意打ち/燕返し

 

受けループ突破要因。受けループの伝説枠にホウオウが採用されることが多かったことや、ダイマックス砲を覚えたムゲンダイナが多かったため前期ほどの通りやすさはなかったように感じた。

それでもパワーの高さと一貫のとりやすいタイプが強力で様々な場面で活躍してくれた。

 

ハピナス@万能傘

f:id:mamesora00:20210430171738j:image

図太い/天のめぐみ

331(4)-×-68(252)-105(76)-177(172)-76(4)

B-特化

C-ダイホロウで無振り黒バドレックス確定1発

D-余り

トライアタック/シャドーボール/タマゴうみ/瞑想

 

唯一前期と変更したポケモン。ラッキーと違って黒バドレックスに強い点や、ダイマックスができる点を評価して採用。

持ち物はラッキーの役割であったカイオーガを受けるために万能傘にした。万能傘はカイオーガにだけでなく流行りのカゴのみロトムに強くなったり、雨下の鉢巻水流連打を耐えて勝てた試合があったりと思わぬ所でも活躍した。

ラッキーよりも耐久は少し劣るがサンダーの珠ダイジェットを余裕で2発耐える程度の耐久を持っており、前期ほとんど勝てなかった黒バドレックス入りとの試合を拾えるようになったのは変更してよかったと感じた。

トライアタックが最強でした。

 

ヌオー@たべのこし

f:id:mamesora00:20210501044141j:image

腕白/天然

202(252)-105-150(252)-×-86(4)-55

地震/毒々/蓄える/自己再生

 

ザシアンを安定して受けられる物理受け。

前期は守るを採用していたが、ほとんど勝てなかったネクロズマ軸に勝てるように蓄えるを採用した。フォトンゲイザー持ちには勝てないが、アシパには蓄える3回とダイアースでの特防上昇で戦うことができた。

初手ダイマックスで数的有利を取ってから蓄えるヌオーで詰ませるムーブが非常に強力だった。

 

 

【成績】

TN:そらまめ 最終5位(2092)

f:id:mamesora00:20210501131548j:image

TN:Violet 最終87位(2014)

f:id:mamesora00:20210501131559j:image

 

 

 

【最後に】

今期は最終1桁を目標に取り組み、最終日を高い順位から始めることができました。最終日の深夜に瞬間1桁にいけたことも初めてで嬉しかったですが、運が良かったということもあり目標の最終1桁を達成することができました。

最終日に1桁から潜るのは緊張しましたがとても楽しかったです。今回以上の結果を残せるように今後も頑張りたいと思います!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

竜王戦ルール楽しかったです!

 

Twitter:@mamesora00