Future Seeker

ポケモンのこと書きたい

【S13使用構築】捲土重来ママンハピ【最高最終2053 84位】

シーズン13おつかれさまでした!前期に続き2000を達成できたので報告と構築の紹介をしたいと思います。

今回はS11で使って微妙な結果だった「ママンハピネール」を改良して使いました。

 

f:id:mamesora00:20190108181001p:image


S11の構築との変更点

f:id:mamesora00:20190108181207p:imageのジャイロボールをヘビーボンバーに変更

ミミッキュ意識。詳しくはハガネールの個別解説で


f:id:mamesora00:20190108181248p:imageサイコショックをめざめるパワー(炎)に変更

カミツルギ意識。詳しくはカプ・テテフの個別解説で


・水ロトムf:id:mamesora00:20190108181425p:imageに変更

→地面の一貫を切り、カプ・レヒレテッカグヤに勝てるポケモンとして水ロトムを入れていたが、レヒレに対して投げるには数値が足りないのと、回復ソースがピンチベリーのみのためサイクルに不向きだと考えた。そこで水ロトムの採用条件を満たしており、数値が高く回復技も使えるサンダーに変更した。


サンダーの採用によりPP勝負にも強くなり同じような受け回し構築にも勝ちやすくなった。


【構築経緯】(コンセプト)

f:id:mamesora00:20190108190242p:imageとそれの苦手なフェアリータイプに強いHDf:id:mamesora00:20190108190258p:imageの2匹からスタート。フェアリータイプ入りにもジャラランガを選出することが可能に。

メガハガネールとの相性補完でf:id:mamesora00:20190108190325p:imageとそれと相性のよいf:id:mamesora00:20190108190336p:imageを採用。この2匹で受け回していく。

・受け構築が苦手とする崩し枠(ルカリオカミツルギ、霊獣ボルトロスなど)や、ゲンガーはスカーフf:id:mamesora00:20190108190346p:imageで対策。

・ここまでで突破が難しいレヒレ、カグヤに強く地面の一貫を切るf:id:mamesora00:20190108190359p:image。受けよりの構築に選出してみがはねでPP勝負にも勝てる。

・意味不明なポケモンを複数並べることとジャラランガの強烈な選出誘導によって選出時点での混乱を誘う。

 

 

【個別解説】


ハガネール@メガストーン

f:id:mamesora00:20190108181932g:image

慎重  頑丈→すなのちから

実数値(メガ):181(244)-145-252(12)-×-161(252)-50

ヘビーボンバー/地震/ほえる/ステルスロック


ステルスロック要因&フェアリー受け。電気の一貫を切りつつフェアリーを受けられ、さらに毒も効かないという優秀なタイプなので選出率はかなり高かった。

採用理由はミミッキュの+4ゴーストZを耐えられるので受け出しからでも勝つことができるという点。ミミッキュだけでなくカプ・コケコにも滅法強く、ボルチェンに受け出し→ステロのムーブで裏のポケモンと一緒にサイクル戦をかなり有利に行うことができる。

ジャイロボールではABミミッキュに対して最大威力が出ない(威力約96)ため、確実に一撃で倒すためにヘビーボンバーを採用。メガガルーラにも最大威力が出せるくらい体重が重いので、変更して後悔したことはほとんどなかった。

ほえるでの起点回避もとても便利で、特にこのような構築が苦手とするオニゴーリに対して、頑丈を活かして受け出し→ステロほえるの動きができるのがとてもよかった。

特性はバンギとの対面の時に若干役に立った。


ジャラランガ@ジャラランガZ

f:id:mamesora00:20190108182026g:image

控えめ  防塵

実数値:151(4)-117-145-167(252)-125-137(252)

スケイルノイズ/ドレインパンチ/火炎放射/挑発

 

最強の専用Z技を持つこの構築のエース枠。受け構築であるため構築全体でキノガッサが重いので防塵での採用。キノガッサ入りにはフェアリータイプが2体いても選出した。ドレインパンチはラッキー、カビゴンに強くなるだけでなく、サイクルを回す中で貴重な回復ソースになるため使い勝手がよかった。相手のフェアリータイプをハガネールハピナスで倒してからZを撃って勝つことを理想としていたが簡単には決まらなかった。フェアリータイプを入れずに黒い霧や吹き飛ばしだけで対策してる構築には挑発がよく刺さった。

右上にいるだけで相手のフェアリータイプの選出を強制できるので選出しなくても活躍してくれた。


ママンボウ@ゴツゴツメット

f:id:mamesora00:20190108182034g:image

ずぶとい  再生力

実数値:267(212)-×-145(252)-60-71(44)-85

熱湯/毒々/ねがいごと/守る

 

構築の物理受け。ガルーラ、メタグロスバシャーモがいたらほとんど選出した。ゴツメのおかげでそれらのポケモンに最悪でも相打ちがとれた。「ねがいごと+再生力」がサイクルをする中で非常に強力で、交代のアクションで自身を回復しつつねがいごとを後続のポケモンに届けられるので、擬似的な無限サイクルが可能。体力が減ったハガネールを回復するのが強かった。

基本的に熱湯火傷に頼ることは少なく、弱点のポケモン(マンムーランドロス)にはダメージがそこそこ入るので撃ったがギャラドスやガルーラには毒々から入ることにしていた。剣舞持ちのポケモンには対面していても起点にされて崩されるので気をつけて立ち回らなければならない。


余談であるがこのママンボウは色違い(Star)でねがいごと(英語名Wish)を使うので、自分のTN「Starry Wish」との相性がとてもよかった。


ハピナス@コオリZ

f:id:mamesora00:20190108182048g:image

ずぶとい  自然回復

実数値:331(4)-×-68(252)-117(172)-165(76)-76(4)

調整意図

C…氷Zで無振り霊獣ボルトロスを確定

D…あまり

火炎放射/冷凍ビーム/たまごうみ/毒々


構築の特殊受け。努力値をCに割いているがリザードンYの文字が受かるくらいには耐久がある。相手の崩し枠であるアーゴヨンと霊獣ボルトロスに崩される前に一撃で倒すことが必須なので氷Zを持たせた。それらのポケモン以外にも相手から想定できない瞬発火力を出せるということと、トリックの対策にもなるので非常に使い勝手が良かった。

特性の自然回復で状態異常にも耐性を持っているので、受け構築を毒で対策している構築にはとても強かった。炎、氷の範囲がとても広いので2Wには不満がなかった。特に共有パ相手に対面性能がとても高く、先発に出してツルギマンダを一撃、ガルドには放射から入って毒を受けて交代、それ以外には毒を入れるなどして試合を有利に進められた。


カプ・テテフ@こだわりスカーフ

f:id:mamesora00:20190108182058g:image

臆病 サイコメイカ

実数値:145-×-96-182(252)-135-161(252)

サイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/めざめるパワー(炎)


構築の攻めの駒であり万能ストッパー。準速↑100族や最速フェローチェの上を取れるように臆病での採用。ルカリオや霊獣ボルトロスなどの受けるのが難しいポケモンを裏から強引に止めるために選出した。記事冒頭で触れた技の変更は前期にD振りのカミツルギが多かった印象があったので確実に仕留めるためにめざ炎にした。

スカーフテテフの高いポテンシャルはそのままにあらゆる場面で活躍してくれたので受け構築にこのポケモンを採用するのも全然ありだと思った。相手の崩し枠を止めて攻めに転じられるのがとても良かった。


サンダー@たべのこし

f:id:mamesora00:20190108182107g:image

穏やか プレッシャー

実数値:193(220)-×-105-145-155(244)-126(44)

調整意図

H…16n+1

S…最速テッカグヤ+2

10万ボルト/羽休め/毒々/みがわり


構築で重たいレヒレに勝つためにおだやかHDで採用。前回の水ロトムよりも遥かにレヒレ入り構築への勝率が上がったので変更して正解だった。型はメジャーなおだやかサンダーで、ミラー意識でS実数値を1だけ高くした。他にもカグヤ、ドランなどの毒が効かないポケモンに上からみがわりをして何とかできるのが優秀だった。S11の時の最高1911から今回のレートまで伸ばせたのはこの枠の変更の結果だと感じた。

 

 

【重たいポケモン

リザードンがかなりきつく両対応できる選出を考えるのが毎回大変でした。剣舞Xが特にきつく、ママンボウを投げて逆鱗を撃たせて裏のハガネール、テテフで処理するという無理やりな形で何とかしていました。この構築に出てくるリザードンの7割がX、Yは3割くらいなのでYを甘く見た選出をすることもありました。

ゲンガーはテテフで処理すると記しましたが実際は裏のカビゴンゲッコウガに引かれて不利なサイクルになるだけなので半分諦めていました。

想定してないポケモン剣舞、悪巧みをされると止めることができませんでした。


【総括】

思いつきでメガハガネールジャラランガから組み始めた構築ですが、最高レートを大幅に更新できただけでなく、密かに目標にしていた最終100位以内も達成することができ非常に満足のいく結果になりました。個人的にこのような受け構築が好きなので使っていて楽しかったです。飽きずに650戦以上できたこともよかったです。

 


f:id:mamesora00:20190108182319j:image

f:id:mamesora00:20190108183946j:image

最高最終2053

最終順位84位

TN:Starry Wish


構築名の四字熟語は読み方がわかりませんがリベンジを果たすという意味らしいです。


ここまで読んで頂きありがとうございました。