そらまめの観察日記

ポケモンのこと書きたい

【S11序盤使用構築】ママンハピネール【最高1911】

f:id:mamesora00:20180904221534p:image

ポケモンの記事を書くのは久しぶりです。

今期も前期、前前期同様2000達成ができなかったのですが、この構築を紹介したいと思い記事を書くことにしました。対戦回数は350戦を超えているのでそこそこ使用しました。簡易的に書かせていただきます。

 

【構築経緯】(以下常態)

 

HDf:id:mamesora00:20180904214203p:imageがほとんどのフェアリータイプに有利を取れると考え、f:id:mamesora00:20180904214354p:imageと組ませることからスタート。サイクル寄りに組みたいと思って補完を決める時に、メガハガネールに回復手段がないことからねがいごとを使えて相性補完もあるf:id:mamesora00:20180904214740p:imageを採用。

メガハガネールが勝てないフェアリーであるカプ・レヒレに強く出られてかつ地面の一貫を切る枠としてf:id:mamesora00:20180904215223p:imageを選んだ。

ここまででリザードンYに勝てないので特殊耐久が高く、ママンボウと受け回しができると思いf:id:mamesora00:20180904214917p:imageを採用し、最後に受け構築が弱点とする高速積みアタッカー(ルカリオなど)や、メガゲンガー、また相手のジャラランガも厳しいのでそれらを対策できるスカーフf:id:mamesora00:20180904215302p:imageを採用した。

【個別紹介】

ハガネール@メガストーン

f:id:mamesora00:20180904214555g:image

 

実数値(メガ):181-146-241-×-161-31

生意気

H244 A4 B4 D252

S個体値0

頑丈→砂の力

ジャイロ/地震/ほえる/ステロ

 

ジャラランガが苦手とするフェアリータイプに受け出す駒として採用。

Dに特化することで環境に多いテテフコケコなどのフェアリータイプに投げることが可能になった。防御方面は無振りでもかなり硬く、ミミッキュの+4ゴーストZを耐えるので皮があるミミッキュに投げて勝つことができるのがとても強いと感じた。

メガシンカしないと耐久が足りないことから初手に出すことが多く、有利対面ならステロを撒いて勝負を有利に、不利なら後ろのママンハピに引くという動きが多かった。

しかし、自力で回復することができないので役割集中でミミッキュが止められなくなることもあった。

 

ジャラランガ@ジャラランガZ

f:id:mamesora00:20180904214440g:image

 

実数値:151-117-145-167-125-137

控えめ

CS252 H4

防塵

スケイルノイズ/ドレパン/放射/挑発

 

この構築のテーマであり全抜き要因であり、構築でガッサが重たいので防塵で起用。

ハガネールやハピでフェアリーを倒した後に通すことを意識した。f:id:mamesora00:20180904215713p:imagef:id:mamesora00:20180904215732p:imageの並びは、ガッサとの対面で放射を撃てばだいたい出てくるミミッキュの皮を潰せるのでサイクルを回して有利に立ち回れた。

受けループに楽に勝ちたいのでドヒドイデに止められないように身代わりではなく挑発にした。Zが決まれば本当に強いポケモンだと感じた。

 

ママンボウ@ゴツゴツメット

f:id:mamesora00:20180904214801g:image

実数値:267-×-145-60-71-85

図太い

H212 B252 D44

再生力

熱湯/どくどく/ねがいごと/まもる

 

ハガネールとの相性がよく、物理を受ける枠として採用。積み技のない物理アタッカー(メタグロスミミロップ)には滅法強く、再生力を活かしてハピナスと受け回しながら定数ダメで削っていく。ねがいごとという技は後続にも届けることができるので、回復ソースがないハガネール、水ロトムを回復させることもできるのが面白かった。

しかし、積み技もちには簡単に起点にされてしまうため剣舞持ちの物理アタッカーに簡単に崩されてしまった。タイプで有利なリザXに勝てないことが残念すぎる。

 

ハピナス@コオリZ

f:id:mamesora00:20180904214929g:image

 

実数値:331-×-68-117-165-76

図太い

H4 B252 C172 D76

 

調整意図

B…特化

C…冷ビZで無振りレボルトを確定

D…あまり

自然回復

放射/冷ビ/卵産み/どくどく

 

ママンボウの相棒。数値で特殊を受ける。

自然回復のおかげで毒に強いのがよかった。

ボーマンダカミツルギの起点にされないようにこの2ウェポンにした。

アーゴヨン、レボルトに投げるタイミングで悪巧みをされて、次ターンの悪巧みを許すとZ技で飛ばされてそのままタテられるので、それを防ぐためにコオリZを持たせた。

コオリZはハピナスの1番メジャーな持ち物だが、かなり奇襲性能があり刺さることが多くて楽しかった。

この2ウェポンは範囲が素晴らしいので不満がなかった。

もちろん耐久もかなり高くリザYの文字や眼鏡テテフのPFサイキネを受けられるのは頼もしかった。

 

カプ・テテフ@スカーフ

f:id:mamesora00:20180904215347g:image

 

実数値:145-×-96-182-135-161

臆病

CS252 B4

サイコメイカ

サイキネ/ムーンフォース/ショック/シャドボ

 

構築経緯でも触れたが、相手の崩し枠を止めるために採用。メガルカリオカミツルギなどの積みアタッカーや、サイクル構築に出されやすいゲンガーが仮想敵。

上記以外にも本来の役割であるサイクルで削れたポケモンを制圧することもできるので、使い勝手がよかった。

 

ロトム@ウイのみ

f:id:mamesora00:20180904215413g:image

 

実数値:156-×-127-172-129-106

控えめ

H244 C252 D12

(H4n調整)

浮遊

10万/ドロポン/ボルチェン/鬼火

 

ママンボウとタイプは被っているが役割が全然違うので自然に採用でした。テッカグヤ、レヒレ入りには絶対にだして何とかして貰った。レヒレに投げられる回数を増やすためにウイのみを持たせた。電気の一貫を地面で切ってる構築には強く刺せたのが優秀なポケモンだった。

耐久・火力・早さの全て中途半端だなというのが正直な感想。良くいえばバランス型。

 

【反省】

自分の選出・プレイングで勝てなかったことが多かったです。例を上げるとミミッキュを止められるポケモンハガネールしかいないにも関わらず、勝てそうな対面で突っ張ってハガネールのHPを使ってしまいミミッキュが止まらなくなってしまうなど。選出画面で試合展開を考えてそれぞれのポケモンの役割を定めることができなかったのがダメでした。

また、カプ・レヒレに1回瞑想されるだけでそれまでどんなに有利に試合が進んでても一瞬で崩壊するので対策の甘さを感じました。

あとはコケコにハピを投げたらワイルドボルドZで飛ばされてゲームが終わるなど役割破壊によるeasy loseも多かったです。

 

 

【総括】

構築を組んだ時点では、脳内最強だったので絶対に結果を出したいと思ってましたが1900止まりでした。改善の余地は大いにあると思うので気が向いたらまた何かしら変えて使うかもしれません。

 

最高レート

f:id:mamesora00:20180904221159j:image

この構築での最終レート

f:id:mamesora00:20180904213031j:image

 

独特な構築なのでマッチングして下さった方は思い出してもらえると思います。1人でも多くのマッチングした人に見ていただければ嬉しいです。

最後にここまで読んでいただきありがとうございました。質問や意見がありましたら@mamesora00 にお願いします。

 

 

ちなみにS11の最高はこんな感じでした><

f:id:mamesora00:20180904213346j:image